フリーローン銀行金利比較【銀行系と銀行フリーローンの違いって?】

銀行系と銀行フリーローンの違いって?

フリーローンとは、利用目的が限定されていない個人向けのローンの事であり、消費者金融が行っている無担保のカードローン等が該当します。

20歳以上で安定した収入があるという事を申し込み条件としているのが一般的であり、アルバイトや派遣社員でも利用する事が可能です。

フリーローンの審査に必要なのは、運転免許証等の身分証明書であり、保証人は原則として不要です。年収や他の金融機関からの借り入れ等により判定されて、審査に通った場合は利用出来るようになります。

申し込み当日中に審査の合否が判明するスピード審査が行われており、急いでお金が必要な場合に向いている内容です。

フリーローンを行っているのは消費者金融が中心でしたが、現在では銀行をはじめとして他の金融機関も行うようになっています。銀行フリーローンは、消費者金融系の商品とは違う魅力を持っています。

消費者金融のフリーロンは、借り入れ総額を年収の3分の1以内にするという総量規制の対象となっています。銀行のフリーローンは、この規則の対象ではないので、年収の3分の1以上の金額を利用する事が可能です。

現在の消費者金融は、銀行グループに入って営業を行うようになっており、これらは銀行系消費者金融と呼ばれています。ただし、銀行系消費者金融のフリーローンも総量規制の対象であるという事に注意しなくてはいけません。

総量規制の対象外となるのは、銀行本体が行っているフリーローンです。